クールでジェントルなモテる男になりたい!女性の気持ちを理解できる男性専用の恋愛サイト!

menu

クールジェン

焦りは禁物!女性のメールの返信が遅い理由と対処法7選!

恋をしている男性なら誰もが女性からのメールの返信が遅いと、「嫌われているのだろうか?それとも単に忙しいだけなのだろうか?」「無視をされているけれど、何かしたのだろうか?何かまずいことでも言ってしまったのだろうか?」などと悩んだことがあるかと思います。
そこで今から紹介する内容は、女性のメールの返信が遅い理由とその対処法についてです。
悩める男性のみなさんのお役に立てればと思います。

license:cc  出典:weheartit.com

女性からのメールの返信が遅い4つの理由

①忙しいから

誰しも忙しいときにメールを返すことはできませんよね。
例えば仕事中、アルバイト中、勉強中などに返す時間はありますか?いや、多分ないでしょう。

②「寝ていた」「忘れていた」「後で返すつもりでいた」

疲れ果てて寝ていた、既読をつけたけれど返事をすることを忘れていたもしくは後で返すつもりでいたということもありえます。
この場合は上記でお話しした、相手の女性にも事情があるということです。

③あなたに興味がないから

悲しいことですが、相手の女性があなたに興味がないというパターンもありうるでしょう。
つまりは、「これ以上ダラダラとメールを続ける気はないから察してくれよ」という相手の女性からの答えです。

④あなたと距離を置きたいから

こちらも上記でお話しした理由同様、悲しい理由です。
突然返信が来なくなる前はどうでしたか?相手の女性に失礼なことを言っていませんか?相手の女性の地雷を踏んでいませんでしたか?自問自答してみましょう。

女性からのメールの返信が遅いときの3つの対処法

①一定期間、自ら連絡することを控える

一定期間と言いましたが短くて3日間、長くて1週間ほどあなたから連絡することを控えてみてください。
その間に相手の女性から返信があるかどうか様子を見るとよいでしょう。

返信があったらそのままメールを続けても構いません。
一方、様子を見ても連絡がなければ返事が来なかったものとは違う内容で連絡してみましょう。

②また違う内容を送ってみる

もし「返事に困るような内容を送ってしまったかもしれない…」という心当たりがあるのなら、再び違う内容で連絡してみるとよいでしょう。
例えば「いま何をしているの?」「今日の授業で何を持っていけばいいんだっけ?」「調子はどう?」などといった「?」つきかつ、答えることのできるような質問文を送ってみると相手の女性は返事に困りません。

ただし、それでも無視されてしまったらしばらくは何もしてはいけません。
相手の女性を怖がらせてしまいます。

③緊急性のある内容なら電話してもよい

あなたが送ったものに緊急性があれば、電話で尋ねてみても構いません。
例えばデートの前日になって、以前「○○の日、何時にどこ集合にする?」と送っていたが返信がまだきていないなら電話してみるとよいでしょう。
相手の女性も「ああ、明日〇〇さんと会うことになっていたわ」と思い出してくれるかもしれないため、当日のドタキャン防止にもなります。

女性からのメールの返信が遅いときにしてはいけないこと

返事がないからといって何度もしつこく送る

諸事情があってすぐには返信できなかったけれど、やっと返信できると思って携帯を開いたら「ねえ」「○○ちゃん?」「何してるの?」「忙しいの?」などあなたからの大量のメッセージが…。
これだと相手の女性は恐怖を憶えますよね。

ましてやそんなに付き合いの深くない相手ならなおさらです。
一歩間違えると相手の女性に嫌われるどころか、あなたを警戒対象にされたり、ストーカー行為として警察に相談されたりしかねないので大量のメッセージを一度に送ることは絶対にしないでください。

返事がないことをとがめる

相手の女性にも都合があります。
「なんで返信くれないの?」「俺のこと嫌いになった?」などと返信がないことをとがめるのはやめましょう。
そういった感情はあなたの自己中心的さから来ているものです。

くだらないことで電話する

先ほど緊急性のある内容を送ったのであれば電話してもよいと言いましたが、緊急性のないくだらないことやどうでもいいことで電話をするのは控えましょう。
そんな理由で電話されても相手の女性からしたら迷惑だと思われてしまいます。

まとめ

以上が女性からのメールの返信が遅い理由と対処法でした。
女性からのメールの返信が遅いことについて悩んでいる男性の皆さんはぜひこの理由と対処法、その際にしてはいけないことについてを参考にしてみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。