クールでジェントルなモテる男になりたい!女性の気持ちを理解できる男性専用の恋愛サイト!

menu

クールジェン

紳士的に対応しよう!LINEで告白された際の返事の仕方3選!

昔は「告白=男性が女性にするもの」というイメージが定着していましたが、最近は必ずしもそうとは限りません。
女性から男性に告白することも多くなってきました。

さらに最近はLINEなどのSNSも発達し、それらを使って男性に告白しようとする女性も少なくはありません。
そこで今回は、LINEで告白された際の返事の仕方についてご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

LINEで告白された際に必ず守ること

相手の女性は直接顔を見ているわけではなくても勇気を出してあなたに告白してくれたのです。
承諾する場合も、保留にする場合も、お断りする場合も必ず「告白してくれてありがとう」という感謝の気持ちは必ず伝えるようにしてください。

LINEで告白された際の3つの返事の仕方

①承諾する場合

相手の女性からの告白を承諾する場合は、感謝の気持ちを伝えたうえで承諾する旨も伝えてください。
例えば「ありがとうございます。実は僕も○○さんのことが好きだったんです」「ぜひお付き合いしましょう。僕でよければよろしくお願いします」などあなたの言葉で、彼女を好きだと思う正直な気持ちを話してみましょう。
この場合は長文でなくても構いません。シンプルかつ短い言葉で大丈夫です。

②保留にする場合

相手の女性からの告白を保留にする場合は、「ちょっと考えさせて」「考えるために時間が必要なんです」などと一言何か言ってから保留にしましょう。
いきなり音信不通になったり既読無視したままであったり、未読無視をしたまま何も返事をしなくなったりすると、相手の女性は当惑してしまうかもしれないからです。

「彼女を好きかどうか分からない場合」「彼女との間に共通の知り合いがたくさんいて振ると気まずくなりかねない場合」「友達としてはいい人でも恋愛対象にはなりえない場合」などには保留にしても構いません。
しかし、返事はできれば2日以内、遅くても1週間以内にした方がよいでしょう。
なぜなら返事を長引かせれば長引かせるほど、彼女の時間を無駄にしてしまいかねないからです。

③お断りする場合

「告白してくれてありがとう」という感謝の気持ちを述べたうえで、あなたが相手の女性と付き合うことができない理由を正直かつ彼女が納得するように伝えてください。
「彼女や好きな人がいるから他の女性とは付き合えない」「友達でいたいと思っている」「今は誰とも付き合う気になれない」など思うことはあるかもしれませんが、嘘はつかないことと、彼女を傷つけかねない理由(例えば外見が生理的に受け付けない、彼女の性格が嫌いなど)を話さないことを心がけてください。

いくら告白してきた彼女のことを「生理的に受け付けない」「人間として大嫌い」「絶対に付き合いたくない」と思っていたとしても、彼女の人格を全否定するような言葉や暴言を投げかけるのは絶対にやめましょう。
あなたのその行為で彼女が男性不信になる可能性は十分にあります。

まとめ

以上、LINEで告白された際の返事の仕方についてのご紹介でした。
どのような返事をするにしても、感謝の気持ちは必ず伝えるようにしましょう。
そのうえであなたの正直な気持ちを相手の女性に話してみてください。

あなたも彼女のことが好きで付き合いたいと思っている旨でもよいし、何らかの理由があって考える時間が必要だから保留にしたいと言ってもよいし、理由を言った上で付き合うことはできないと言ってもよいです。
どのような答えを出すのかはすべてあなた次第です。
承諾する場合はあなたも彼女を好きである気持ち、保留にする場合はその期間、お断りする場合は彼女と付き合うことができない理由をきちんと伝えるようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。