クールでジェントルなモテる男になりたい!女性の気持ちを理解できる男性専用の恋愛サイト!

menu

クールジェン

結婚してふとした瞬間に幸せを感じるエピソード集5選!

「自由に使える時間やお金が減るから、結婚するメリットがない」「子どもを持つのに膨大なお金がかかりそうだ」という結婚に関するネガティブな声を聞くこともありますが、結婚生活は必ずしもネガティブなことばかりではないと考えます。
そこで、結婚して幸せを感じるエピソードについてご紹介したいと思います。

license:cc  出典:weheartit.com

結婚して幸せを感じる5つのエピソード

①1人ではないので心強い

「私が風邪で寝込んでいた時、私のことを心配し、付きっきりで看病してくれたことに幸せを感じた。」
「私が仕事で大きなミスをして家の部屋で引きこもっていた時、心配して部屋の前からずっと声をかけてくれた。その温かさに幸せを感じた。」

何かあったとき、一人でいることはとても辛いことです。
ですがそんな時、支えてくれる妻が傍にいることはとても心強いです。
自分のためを思ってしてくれることに幸せを感じるエピソードですね。

②話し相手がいる

「もう誰かに話したくてしょうがないときに、家に帰って楽しそうに話を聞いてくれる妻に幸せを感じた。」
「一人でいた時は口を開くことがなかったことでも、妻がいることで話す機会が増えた。そんな何気ない会話に幸せを感じた。」

他人からすればしょうもないことでさえ聞いてくれる相手がいるのはうれしいですよね。
今日何があったか報告したり、ときには愚痴を言ったりできる相手がいると寂しくないし、精神的にも楽になれます。
また、仕事で疲れて帰ってきたときに、「おかえり」と笑顔で迎えてくれる妻がいるだけで幸せを感じることができるのです。

③自分しか見ることのできない妻の姿がわかる

「妻は外ではパートリーダーとしてバリバリ働くけど、家では優しいお母さんの顔を見せる。」
「タフでメンタルが強い妻が、家で動物の感動するテレビを見て涙を流していた。」
このように、家の中でしか見れない妻の姿も、結婚生活ならではの幸せなエピソードと言えるでしょう。

④一緒に行動することで、恋人時代を思い出して懐かしさを感じられる

「子どもを祖父母に預けて一緒に買い物に行ったら、恋人時代を思い出して懐かしくなった。」
「2人で夕食を食べながら、付き合っていたころの思い出話に花を咲かせた。」
妻と長い期間付き合って結婚したからこそ感じられる幸せなエピソードですね。

⑤何気ない日常生活において小さな幸せを感じることができる

「妻と子どもと一緒にテレビを観て笑うことで、ふと幸せを感じた。」
「子供が成長していく中で、初めてパパと呼んでくれた時に幸せを感じた。」

子どもがいないうちは恋人時代の延長だと思われるかもしれませんが、子どもが生まれると恋人時代とはまた違う観点から幸せを感じることができます。
他人からすればとるにたらないことの中でも、幸せをかみしめることができるでしょう。

まとめ

以上、結婚して幸せを感じるエピソードに関するご紹介でした。
女性も社会進出してバリバリ働くようになった現代社会では、女性が専業主婦でいることが当たり前だった昔に比べると経済的に自立できるようになりました。
そこで、女性にも経済力があるのなら結婚する意味はないのではないかと懸念する声も聞こえます。
また、結婚したら自由な時間やお金が無くなるといったネガティブなイメージが付きまといがちでもあります。

しかし、そんな結婚生活においても幸せを感じる瞬間はあります。
この記事を読んで、結婚生活は必ずしも悪いことばかりではないということを頭に入れてもらえればと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。