クールでジェントルなモテる男になりたい!女性の気持ちを理解できる男性専用の恋愛サイト!

menu

クールジェン

両想いになれる確率は?好きな人の好意を見抜く方法4選!

好きな人とよく目が合ったり、いい感じの雰囲気になると、「もしかして両想いなのかも…?」と期待しますよね。
恋をしている人にとって、相手の気持ちが気になるのは当然のこと。

そこで今回は、好きな人と両想いになれる確率は一体どれくらいなのかについてご紹介します。
また、相手の好意を見抜くポイントについてもご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

好きな人と両想いになれる確率

現在の世界人口は約72億人。
そのうちのたった一人の運命の相手と出会える確率は72億分の1ということになります。
ただ、好きな人と両想いになれる確率は400分の1と言われており、残念ながら1%にも満たしません。

しかし、確率が低いからと言って恋愛がうまくいく可能性が低いとは言い切れません。
絶大な魅力の持ち主、あるいは恋愛テクニックに長けており、恋をすると必ず相手が自分のことを好きになってくれるという人もいるでしょう。
恋愛成就のためには、数字を気にするよりも気持ちを行動に移すことが大切なのです。

好きな人の好意を見抜く4つの方法

好きな人の気持ちが分かれば恋愛を有利に進めることができます。
デートに誘ったり、告白する勇気も出るでしょう。
そこで、自分と相手が両想いなのかを見抜くポイントをご紹介します。

①頻繁に目が合う

好きな相手が近くにいれば、誰でも自然と視線を向けてしまうもの。
一、二度なら偶然かもしれませんが、頻繁に目が合うようであれば、相手が自分のことを気にしていると考えて良いでしょう。

②二人きりでデートスポットに行ける

遊園地や水族館などのデートスポットに二人きりで行けるということは、少なくとも相手にNGだと思われていないということ。
特にこちらが好きアピールをしているうえでデートの了承をもらえるなら、相手もその気である可能性が高いと言えるでしょう。

③相手から連絡が来る

特に用事がないのにメールやLINE、電話が来る場合、相手はあなたと通じ合っていたいと考えています。
中には社交辞令で定期的に連絡してくる人もいますが、連絡の頻度が多ければ多いほど、両想いの可能性が高いでしょう。

相手が恋愛に長けている人の場合、駆け引きのためにあえて自分から連絡しないこともあります。
いつも自分ばかり連絡している…と思ったら、わざと連絡を絶って相手の反応を見るのも良いでしょう。
両想いであれば必ず相手から連絡が来るはずです。

④褒めてくれることが多い

好きな人のことはどうしても褒めたくなるのが人の心理。
恋は盲目と言いますが、好きな相手のことになると良い面ばかりが目に付くため、他の人よりも褒めやすいようです。
容姿やファッション、内面など褒めてくれることが多いように感じたら、好意を持たれていると考えて良いでしょう。

まとめ

両想いは数字だけ見ると天文学的な確率に思えますが、けして不可能ではありません。
最初は何とも思っていなかった相手でも、会って話すうちにいつの間にか好きになっていた…ということもよくあります。
今、片思いしている人は自分を好きになってもらえるようにアプローチし、両想いを目指しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。