クールでジェントルなモテる男になりたい!女性の気持ちを理解できる男性専用の恋愛サイト!

menu

クールジェン

乗り越えるには?倦怠期でイライラする理由と解消法5選!

付き合いたての頃はラブラブだったのに、最近は恋人に対してイライラしてしまう…。
そんなカップルはもしかすると、倦怠期に入ってしまったのかもしれません。

嫌いなわけではないはずなのに、どうしてイライラしてしまうのでしょうか?
そこで今回は、カップルに起こりがちな倦怠期でイライラする理由と解消法についてご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

カップルに倦怠期がやって来る時期

よく言われているのが、3ヶ月や半年、3年といった3の倍数で倦怠期がやって来る説。
一度倦怠期を乗り越えても、またしばらく経つと、恋人に対してイライラする倦怠期が再来するようです。

その不安定な気持ちが態度にも出てしまうので、倦怠期には喧嘩が耐えないことも。
関係を修復できないまま別れてしまうカップルもいるので、要注意な時期と言えるでしょう。

倦怠期でイライラする2つの理由

倦怠期の主な理由は、相手に対する慣れ。
あるいは、元々の相性が関係しているかもしれません。

①相手の粗が見えるようになった

恋は盲目と言いますが、付き合ってしばらく経つと、ときめきも無くなってしまいます。
すると、今まで気にしなかった相手の粗が見えるようになり、イライラに繋がってしまうのです。

以前は可愛いと思えたワガママやだらしなさが癇に障ったり、ちょっとした仕草が鼻についてしまうことも度々。
結婚した夫婦ですらよくあることなので、こうしたイライラは仕方ないのかもしれません。

②思想や価値観の違いに気づいた

恋人になると、付き合う前には分からなかった相手の思想や価値観の違いに気づくこともあるでしょう。
付き合いたての頃はときめきの強さで打ち消されていた相性の不一致が浮き彫りになって、倦怠期のイライラになっている可能性もあります。
お互いの違いを認め合えるようにならなければ、倦怠期からの脱出は難しいかもしれません。

倦怠期のイライラを解消する3つの方法

倦怠期のイライラは自分自身にとっても悩ましいものです。
良好なカップルの関係を続けていくため、倦怠期のイライラの解消法を覚えておきましょう。

①相手に素直に思っていることを伝える

相手に思っていることを言えないのも、倦怠期のイライラに繋がる理由の一つかもしれません。
何も言わずに不機嫌な態度を取るよりは、相手に面と向かって不満を伝えたほうが良いでしょう。

言葉にすることで、自分が意外と理不尽な考えを持っていることに気づいて反省できるかもしれません。
喧嘩を避けるためには言い方に気をつけるべきですが、相手に打ち明けることで少しはイライラが解消されるでしょう。

②相手と距離を置く

会う度にイライラして喧嘩ばかりしてしまうようなら、相手と距離を置くのも一つの手。
離れることでお互いの存在意義について考える余裕ができるでしょう。
寂しくてどうしても会いたくなるのなら、恋人はやはり自分にとって必要な相手に違いありません。

③第三者に話を聞いてもらう

倦怠期のイライラが収まらない時は、友達や同僚など第三者に話してストレスを発散しましょう。
倦怠期は誰でも経験しているものなので、同調してもらえたり、アドバイスをもらえるでしょう。
一人で我慢していると爆発してしまうかもしれないので、ストレスを溜め込まないことが大切です。

まとめ

倦怠期はどんなカップルにもやって来ます。
相手にイライラして喧嘩ばかりだと気分が萎えてしまうかもしれませんが、倦怠期を乗り越えれば前よりもっと深い仲になれるはず。
時にはこういう時期だからイライラするのも仕方ないと割り切り、倦怠期を乗り越えましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。