クールでジェントルなモテる男になりたい!女性の気持ちを理解できる男性専用の恋愛サイト!

menu

クールジェン

女性にモテる会話を知りたくない?モテる男の会話術を伝授!

男性は誰しもがモテたいと思っているはず。
でも実際には女性が寄ってくることはおろか彼女もいない。

モテる男とは一体なぜモテるのか。
今回はそんなモテる男の会話術を伝授します。

license:cc  出典:weheartit.com

いい格好だけなのは社交辞令しかかえってこない

会話の中でもいい格好を見せようとしている内容に関しては、相手の女性からも社交辞令な言葉しか返ってきません。
女性も当然ハイスペックな男性とお付き合いしたい思いはありますが、それを全面に出されてはただの自慢男にしか見えないのです。
特に自己主張の強い男性は、女性の前では自分のいいところばかりをアピールしがちですので気を付けて下さい。

過去の女性遍歴は話さない

たまに自分はモテるんだ、とでも言わんばかりに過去の女性遍歴を話題にしたがる男性がいますがずばりタブーです。
女性のことを話のネタにするんだということと、コロコロ彼女を変えていることで女性からの信頼はがた落ちです。
華々しい女性とのお付き合いのネタは仲のいい男性の友達のみにしておきましょう。

下ネタはほどほどに

最近の女性は男性からの下ネタもうまく交わす人が増えてきました。
ただ、それをいいことに調子に乗ってエスカレートする男性も増えています。
いわゆるセクハラですね。

いくら面白いネタだと言っても下ネタは相手の言動やしぐさをよく見てみましょう。
露骨に嫌な顔をしなくても、返事に困っている素振りを見つけたらちゃんと謝り、嫌な思いをさせてごめんと伝えましょう。

自分の趣味についての話題

趣味を持つことは好印象

女性にとって、男性が休みの日に何もすることなくグダグダしているというのは仕方ないですねとしか言えず、それ以上会話は続きません。
ですので、休日は趣味にという話題になれば印象は悪くありません。

趣味の話をしすぎない

ただし、つい熱くなって趣味の話ばかりを語ってしまうとこれも女性から引かれてしまいます。
女性も興味のあることだといいのですが、聞いていてもよくわからない反応をされているなら、どこかで区切りを入れるようにしましょう。
合コンなどで女性から敬遠されるのがこういうパターンが多いです。

モテる男の会話術は自慢と自虐を使い分け

自分を卑下してばかりでは「何この人…」と女性から敬遠されてしまいます。
そこでモテる男の会話として挙げたいのが、自慢と自虐を使い分けること。
いい格好ばかりの会話だと女性もうんざりしますが、自虐ネタを加えることで会話の面白い男性という印象を与えることができます。

自虐は大変そうな内容を面白おかしく話をすること。
悲壮感を漂わせてしまっては空気がしんどくなりますから注意しましょう。

まとめ

モテる男の会話術をご紹介してきましたがいかがでしたか?
モテることと実際の会話には少しズレを感じたのではないでしょうか?

モテるのはスペックの高さだけではなく、完璧すぎない人間性や面白さが大きく影響しています。
自慢ばかりではなくダメなところもちゃんとアピールして女性の心を掴めるといいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。